旅行

四国エリア初の鉄道むすめ誕生記念!小豆島探訪 part.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

四国エリア初の鉄道むすめ 『紅雲あづき』さん誕生
ということで小豆島 寒霞渓へ行ってみました!

からかい上手の高木さん』聖地巡礼の
昨日から引き続き小豆島探訪です!

寒霞渓は小豆島中央ぐらいでしかも山。
自転車ではちょっと無理。

レンタカーで行くにも
ペーパードライバーの自分の運転では
少々不安がある。。。

ということで利用しました定期観光バス
観光シーズン外れた冬の時期なのに
外国人含めけっこうな人数が参加していました。

定期観光バスがまず向かったのは銚子渓
ここはお猿の国としてサルがたくさんいます。
ちなみに入園料は定期観光バス代に含まれています。

次は待ってましたの寒霞渓
…ですがあたり一面霧、濃霧。
何も見えない、、、

待て、まだ時間はある。慌てるような時間じゃない、、、
オリーブ牛コロッケバーガーを食べて落ち着くんだ。。。

ちなみに定期観光バスはバスで
一度、寒霞渓の頂上まで行きます。
そしてロープウェイで降りるかバスで降りるかを選択できます。

ここにある売店で鉄道むすめ 『紅雲あづき』グッズを買い込む。
ちなみにこのデビュー記念硬券は
寒霞渓ロープウェイの片道券付きです。

定期観光バス代はロープウェイ代が含まれていないので
この記念硬券の購入するとちょうどよい!!

霧で何も見えない。本当に見えない。マジで見えない。
ここまで見えないと逆に清々しく感じる。神秘的?

降りるロープウェイの時間は決められていて
到着から1時間ぐらい頂上に滞在時間がある。
…あるが周辺をぶらつくだけだと時間があまる。。。

なので必然的に同じところをグルグルぐるぐると。。。

総工費1億円のトイレ。
当時は新鋭の設備でも今では標準的な設備と…
なんだかガンダムとかでよくありそうな話、、、

そしてロープウェイ!
いつの間にか霧が晴れていて快感!
見える、私にも景色が見えるぞ!!

ロープウェイ乗車時間はおよそ5分。
かなり短いのでちょっとガッカリ。
もっと空中散歩したいよねー

お次は二十四の瞳映画村
この辺は実際に行った方が面白いので
ざっと写真貼っておく。。。

ここの入場料も定期観光バス代に含まれています。

ここの売店のチリリン屋にねこチャーンがっ!?
なでなでさせてくれましたわー

お次は一徳庵
タケサン記念館なんて言ってますが
いわゆるお買い物タイムってやつですね。

そして定期観光バス 最後のスポット、
道の駅 小豆島オリーブ公園

ここは実写版 魔女の宅急便のロケ地でもあります。
魔法のほうきを借りて写真を撮るのが映えるそうですよ?

えっ!?
あずき島って本当にあるんですか??

香川県小豆(しょうず)郡の
小豆島(しょうどしま)の近くにある
小豆島(あずきしま)

写真の島がそうらしい、、、

定期観光バスで土庄港まで戻ってきたら
15分ほどで帰りのフェリー。
楽しい小豆島探訪も終了です。

そして高松駅から高松空港、
飛行機で羽田、羽田から自宅までと帰宅しました。。。

関連記事

ちょっと行ってきた! 『まとめ編』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お仕事のご依頼を受け付けています

フリーのシステムエンジニアです。

C#をメインに業務系アプリ、
組み込み系制御ソフト、
webアプリでもフルスタックで可能です。

他にもPLCラダーや簡単な基盤設計などの
ハード設計もセットで可能です。

副業の駆け出しライターでもあります。
ホビー、ゲーム、マンガなどの
サブカルチャー系を中心としたレビューをしています。

詳細はコチラ

コメントを残す