旅行

2018 春の青春18きっぷの旅 その4 『青春18きっぷ北海道新幹線オプション券~復路編』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年 春の青春18きっぷの旅 4回目は
青春18きっぷ北海道新幹線オプション券を使ってみた!

北海道新幹線開通により在来線で
青函トンネルを通ることができなくなった救済として

追加料金払ったら奥津軽いまべつ駅~木古内駅間と
道南いさりび鉄道を通過なら認めてやんよ!
っていうオプション券。

でもこのオプション券を使用しようとすると
嫌がらせの無駄な待ち時間が多く
乗り継ぎ可能なダイヤが限られているので

函館に1泊し朝からじっくりゆっくり青森を目指します。
まずは函館駅から道南いさりび鉄道に乗って
オプション券で乗れる新幹線駅の木古内駅へ向かう!

道南いさりび鉄道は正確には木古内~五稜郭間であり、
五稜郭~函館駅は依然としてJR北海道区間です。
多分、すべての便が乗り入れてるんではないでしょうか?

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券の説明を少し。
あくまでオプション券ですのでこれ単体では使用できません。
青春18きっぷ1回分とセットで使用します。

つまり18きっぷ1回分2370円にオプション券2300円で
一人当たり4600円というところです。
複数人で使用する場合はそれぞれにオプション券が必要です。

新幹線と道南いさりび鉄道の利用日に特に制限はついていないようなので
日をまたいでも大丈夫なようです。

ですが、新幹線と道南いさりび鉄道との利用行程は
連続していることが必要だそうです。

また、道南いさりび鉄道区間は途中下車できません。
函館駅から乗車するとオプション券の道南いさりび鉄道欄に
押印してもらうことができないのでちょっとモヤモヤ感がでます。

函館駅~木古内駅は1時間ほど。
2両編成で運行されていましたが
新幹線開業で切り捨てされた区間・・・

お世辞にも儲かっていると思えるほどの乗車率ではなく
今後の経営とか素人でも心配に見えるぐらい・・・

木古内駅は道南いさりび鉄道の終着駅なのですが
駅員は常駐していないようですね。

ちなみに今回進む行程は青森に一番早く到着する行程です。
その行程での木古内駅の待ち時間は1時間40分!!

でも以前来た時とは違い、北海道新幹線が開業し
駅前には道の駅みそぎの郷きこないができたので
時間は楽につぶせる・・・と思っていました・・・

道の駅みそぎの郷きこないの開店時間は9:00。
函館駅7:04発の列車が木古内駅に到着したのは8:04。
・・・まだオープンしてないじゃん!?

海を見に行ったけど1時間もつぶせるほどではないので
木古内駅の新幹線側に行ってみる。
さすがに真新しい感が漂ってる・・・けど人がいない。

暇なので廃線となってしまった江差線を覗いてきた。
以前に江差まで乗りましたが廃線になってしまうとはね・・・
もう、ここに列車が走ることはない・・・

北の大地で出会ったねこ。のらねこ?
寒いのに雪降ってる期間とかどうしてんだろう?

とりあえず道の駅がオープンしている時間になったので入る。
・・・まあ、思っていたよりも規模が小さいかな?

そして新幹線タイムです。乗車時間はわずか37分ですが
18きっぷでは特急や新幹線に乗れないのに
乗れてしまう特別感はワクテカ!?

ちなみに木古内駅前にはセイコマことセイコーマートができていました。
“北海道のコンビニはセイコマやろ?”
と思っていましたが埼玉や茨城にもあるんですね。

はやぶさは全席指定の新幹線。
青春18きっぷ北海道新幹線オプション券では
指定を受けることはできません。

なので空いている席にどかっと座ることになり
車掌さんから検札を受けることになる

・・・と思っていたけどこれ見よがしに
18きっぷを置いていたからかスルーされてしまった。

奥津軽いまべつ駅から在来線の駅である津軽今別駅へ。
海峡線時代から名前は変わったが依然としての別駅扱いの両駅。
なんでそんなに別駅にしたいのかよくわかりません。

奥津軽いまべつ駅はかなり高い位置にあるので
津軽今別駅に行こうと思ったらけっこう大変である。

・・・が待ち時間はたっぷりあるので(皮肉
途中で休み休み行っても乗り遅れることはないね!

ここにも道の駅がある。道の駅いまべつ半島プラザアスクル
バスツアー客がいたようで入った時はすごい混雑していましたが
それがはけるとそれなりな入りように。

小腹を満たして津軽二股駅を覗いてみる。
まあ、なにもない。ちなみにここでも嫌がらせで

青森駅とは逆方向の終点三厩駅に行っても
その列車が折り返してくるので青森駅到着は同じ時刻になります。

18きっぷで乗り放題だし乗るしかないなってことで
津軽線で三厩駅を目指します。
ちなみに奥津軽いまべつ駅到着から1時間48分待ち。

この津軽鉄道の津軽中里駅へ抜けるバスルートも検討したのですが
津軽鉄道この間乗ったし、
今回は18きっぷ使い倒しがテーマなのでやめておきました。

三厩駅、再び!
以前はリゾートあすなろ竜飛に乗ってきましたね!

そして青森駅へ!
三厩駅から1本で青森駅へ行ける。1時間30分ほど。
津軽二股駅からは2時間ちょっとと言った所。

このあとは青い森鉄道経由で大湊駅へ!
・・・行くことも検討したのですが
その日のうちに東京へ戻ることを考えると

大湊駅からは乗ってきた列車で戻るしかなく
滞在時間がわずかしかないのでは
再び行く意味はないかってことで八戸駅を目指します。

今回は18きっぷがテーマなので
18きっぷによる青い森鉄道通過の特例を使用してみた、無駄に・・・

そう無駄に。
ロングシートだし、時間かかるし、
新青森から新幹線乗って東京帰っても値段的にあまり変わらないし。

よ~し、八戸からは新幹線乗って東京へ帰るよ!
・・・ってこの新幹線ちゃうわ!

はい、駅前にあった薬局だかの前にあったやつです。
多分動かないとは思いますが
こういうのまだ残っているところには残っているんですね。

H5系キター!!!!!
まあE5系と大きな違いはないんでしょうけど
こういうのは気分なんだよね!

関連記事

2018 春の青春18きっぷの旅 その1 『久留里線スタンプラリー』

2018 春の青春18きっぷの旅 その2 『一望千里尾久鉄原&日暮里鉄原』

2018 春の青春18きっぷの旅 その3 『Thank you GUNMA 115系湘南色スタンプラリー Part1』

2018 春の青春18きっぷの旅 その4 『青春18きっぷ北海道新幹線オプション券~往路編』

2018 春の青春18きっぷの旅 その4 『青春18きっぷ北海道新幹線オプション券~復路編』

2018 春の青春18きっぷの旅 その5 『でんしゃdeマルシェ~桜沢みなの4thバースデーパーティー~』

2018 春の青春18きっぷの旅 その6 『Thank you GUNMA 115系湘南色スタンプラリー Part2』

2018 春の青春18きっぷの旅 その7 『Thank you GUNMA 115系湘南色スタンプラリー Part3』

2018 春の青春18きっぷの旅 その8 『いずっぱこスプリングフェスタwithスイーツフェア』

2018 春の青春18きっぷの旅 その9 『シーサイドラインフェスタ2018』

2018 春の青春18きっぷの旅 その10 『SLに乗ろう!~碓氷編~』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お仕事のご依頼を受け付けています

フリーのシステムエンジニアです。

C#をメインに業務系アプリ、
組み込み系制御ソフト、
webアプリでもフルスタックで可能です。

他にもPLCラダーや簡単な基盤設計などの
ハード設計もセットで可能です。

副業の駆け出しライターでもあります。
ホビー、ゲーム、マンガなどの
サブカルチャー系を中心としたレビューをしています。

詳細はコチラ

コメントを残す